育児の記録ノート

病院で出産すると、大抵お産グッズの中に育児の記録ノートが含まれています。これは、生まれてきた子どもの記録をとることが、一般的になったことの表れです。市販されている育児用の記録ノートに限らず、普通の大学ノートやスケッチブックなどを使ったり、インターネットからダウンロードしたり、携帯電話のアプリケーションに記録を残すなど、方法もさまざま。内容も、授乳時間と量、ウンチやオシッコの回数、離乳食のメニューなどを詳細に記録する人から、写真とその日の印象的な出来事を一言コメントにする人まで多岐にわたっており、ルールはありません。たとえば起床時間や就寝時間、体温や体重を記録しておくと、子どもが病気になったときなどに役立つこともあるでしょう。こうした育児の記録ノートは、仕事で子どもの成長を目の当たりにできないパパや、別居しているおじいちゃんやおばあちゃんに、様子を伝えるツールとしても有効です。またママにとっても、過ぎ去った育児の記録ノートを読み返すことで、赤ちゃんだったころの子どもの様子や自分の気持ちを思い出し、初心にかえるきっかけになるはずです。いつか子どもが大きくなって親になるときに、その子の育児の記録ノートを手渡すというのもステキです。いま目前にいるのは、その瞬間の子どもです。二度と帰ってこない時間を、育児の記録ノートとして書き留めておくのは、とてもすばらしい習慣だと思いませんか?毎日でなくても、かまいません。始めてみることをおススメしますよ。