二人目育児はラクって本当!

「二人目の育児は一人目よりラク」、そんな話を聞いたことはきっと誰でもあるでしょう。それは半分、本当です。一度育児を経験したママにとって、二人目の赤ちゃんは成長段階が予測できる分、余裕を持って子育てができます。一人目を育てているうちに、家事や育児の手を抜き方もわかってきますし。でも二人目育児には、一人目のときには想像できなかった苦労があるのも事実です。たとえば、子どもが増えれば単純に洗濯ものが増えます。授乳をしながら、上の子の食事は別に用意しなければならないし、お風呂だって一人と二人では勝手が違うし、ゆっくり湯船になどつかれないし、上の子が眠れば下の子が起きる、下の子が眠れば上の子が起きると、数え上げればきりがないほど、いろいろなことが起こります。体力勝負になる二人目の育児は、一人で抱えるのは辛いもの。ときには下の子をおじいちゃんやおばあちゃんに預けて、上の子と二人の時間を持ったり、パパに二人を連れて遊びに行ってもらってゆっくりお風呂に入るなど、自分のリラックスタイムを意識的につくるようにしたいものです。でも、上の子が下の子と遊んでいるとき、二人が仲良く眠っているときのかわいさや愛しさは、子ども一人では味わえない幸せを運んでくれます。二人目育児が始まったときは、喜び2倍、苦労は4倍でも、数年たって下の子が幼稚園に入るころには、喜び4倍、苦労半分に変わっていくはずです。二人目育児、ぜひがんばってみてください。