カンガルーケアを、育児に取り入れる

カンガルーケアという言葉を知っていますか?これは、出産後すぐに赤ちゃんを縦抱きにして、ママの素肌のうえに抱っこすることで、その様子がカンガルーの親子のように見えることが、名前の由来です。1979年に南米はコロンビアのボゴダという町で、保育器不足を解消するために導入されたのが最初だと言われています。その後、親子の絆づくりや母乳育児にもよいことがわかり、世界中のNICUをはじめ、日本の育児にも取り入れられるようになりました。ですが一方で、カンガルーケアの最中に赤ちゃんの容態が急変し、NICUに緊急搬送される例が報告されています。とはいえ、肌と肌の触れ合いは赤ちゃんを落ち着かせてくれますし、赤ちゃんの眠りが深くなったり、規則的で安定した呼吸になる、順調な体重増加がみられる、母乳育児が進む、常在細菌をもらうので免疫が強くなるなど、育児にとってプラスになる効果もあるようです。では、カンガルーケアを育児の現場で実践するには、どうしたらいいのでしょうか?気をつけたいポイントがいくつかあります。まず、赤ちゃんがうつぶせ寝になるカンガルーケアは避けること。そして、少し起き上がった姿勢で抱くようにすること。生まれたばかりの赤ちゃんにカンガルーケアをするときは、必ず医療従事者が側にいることを確認することなどです。正しいカンガルーケアの方法を学んで、十分注意を払いながら、育児のスタート時から取り入れてみるのもよいかもしれません。